発生するリスクの違い

終身雇用制度が崩れたことで、働き方に多様性が生まれている。
新卒採用により入社する人が多い正社員では、社内教育が徹底されることから入社後にスキルアップを狙えるメリットがあるだろう。しかし、配属された部署や濃い人間関係により、求めていた技術力や営業力が身に付かない可能性がある点が問題である。

派遣社員として働く際には、出向先を選べる点が魅力だ。最初からスキルアップを狙った職種を探すことが出来ることと、最長3年という出向期間に縛りがあるので、転職のタイミングを図ることが可能だ。

正社員と派遣者員はそれぞれ発生するリスクが異なる。
正社員として雇用されていれば、期間の定めが無い契約だからこそ安定した雇用が保証されている。転勤や配置転換というリスクをどう評価するかは、個人の置かれた立場により異なるので、リストラ対象となった時の配置転換には心理的なストレスがかかる可能性は否定出来ないだろう。実績給と昇給やボーナスに対する期待とのバランスを考えることが大切だ。
一方、派遣社員として働く場合には、同じ出向先には連続して3年間が上限とされているものの、出向先の都合により突然契約が打ち切りとなるリスクは存在する。スキルアップ狙いであれば、短期間で必要なスキルを身に付けることが目標であるから、雇用の不安定さを転職機会と捉えることが可能だ。
正社員と派遣では、発生するリスクの内容が異なるので、一概にどちらが良いとは言えないだろう。

正社員と派遣の転勤問題

複数の支店を持つ会社に就職すると、正社員として働く際には転勤を伴う可能性が出てくる。様々な部署を経験させることにより、幹部候補としての経験を養う意味合いもあるが、実際には会社に対する忠実度を測る尺度となっている一面もあるように感じる。
正社員に転勤をさせる際には、単身赴任を伴うケースも多く、会社側が負担する費用も住宅補助や各種手当てにより年間120万円を超えることも珍しくない。現地で採用した人に同じ仕事をさせた方が安上がりであるにも関わらず、転勤させることは会社に対する忠誠心が本当にあるのか確認している意味合いがあるといえるのではないだろうか。

派遣社員として働く際には、同じ事業所に対して最大3年間までの連続勤務が可能だが、その後は直接雇用に切り替えるか別の出向先へ移動する必要がある。
派遣社員として働くメリットの1つは、出向先を自分で選択出来る所だろう。複数の会社に登録しておけば、契約期間満了時に複数の選択肢から次の仕事先を選べる。自宅から転居する必要性も単身赴任することも無いわけだ。

正社員として働く際に、地域社員という形で募集しているケースもあるが、大きな会社ほど転勤を経験していない人は地域ごとに異なる経験を積んでいないという理由で、幹部登用機会が少なくなるようだ。将来就きたい地位やポジションが有るならば、転勤を繰り返すことも良いが、自身のスキルや技術を磨いて転職に困らない状況を作るのであれば、経験が詰める派遣社員として出向先を選別して行く方法もあるだろう。